朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月22日14時16分
このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英が初出場初優勝 延岡学園を4―3で破る

写真:優勝を決め、マウンドに集まる前橋育英の選手たち=22日、阪神甲子園球場、白井伸洋撮影拡大優勝を決め、マウンドに集まる前橋育英の選手たち=22日、阪神甲子園球場、白井伸洋撮影

写真:前橋育英―延岡学園 7回表前橋育英無死三塁、荒井は三塁線を破る適時打を放つ。捕手柳瀬=越田省吾撮影拡大前橋育英―延岡学園 7回表前橋育英無死三塁、荒井は三塁線を破る適時打を放つ。捕手柳瀬=越田省吾撮影

写真:前橋育英―延岡学園 4回裏延岡学園2死満塁、横瀬は右前に適時打を放つ。投手高橋光、捕手小川=越田省吾撮影拡大前橋育英―延岡学園 4回裏延岡学園2死満塁、横瀬は右前に適時打を放つ。投手高橋光、捕手小川=越田省吾撮影

写真:前橋育英―延岡学園 5回表前橋育英2死一、二塁、小川は右前に適時打を放つ。捕手柳瀬=越田省吾撮影拡大前橋育英―延岡学園 5回表前橋育英2死一、二塁、小川は右前に適時打を放つ。捕手柳瀬=越田省吾撮影

写真:前橋育英―延岡学園 5回表前橋育英無死、田村は左越えに本塁打を放つ。捕手柳瀬=越田省吾撮影拡大前橋育英―延岡学園 5回表前橋育英無死、田村は左越えに本塁打を放つ。捕手柳瀬=越田省吾撮影

写真:前橋育英―延岡学園 4回裏延岡学園2死満塁、薄田は三塁へ適時内野安打を放つ。投手高橋光、捕手小川=越田省吾撮影拡大前橋育英―延岡学園 4回裏延岡学園2死満塁、薄田は三塁へ適時内野安打を放つ。投手高橋光、捕手小川=越田省吾撮影

 第95回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社・日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、初出場の前橋育英(群馬)が延岡学園(宮崎)を破って初優勝した。初出場校の優勝は第73回大会(1991年)の大阪桐蔭以来、14校目。群馬勢では第81回大会(99年)の桐生第一以来、2度目の頂点。

高校野球特集ページはこちら決勝の一球速報はこちらダイジェスト動画

 前橋育英は3点を追う5回、田村の左越え本塁打、小川の右前適時打などで追いつき、7回に土谷、荒井の長短打で勝ち越し。右腕高橋光がリードを守った。

 前橋育英は岩国商(山口)、樟南(鹿児島)、横浜(神奈川)、常総学院(茨城)、日大山形を破った。延岡学園は3年ぶり7回目の出場で、自由ケ丘(福岡)、聖愛(青森)、富山第一、花巻東(岩手)に勝利。宮崎勢は4強が最高で、春夏通じて初の優勝を目指した。

    ◇

 延岡学園は4回、2安打と四球で2死満塁とし、薄田の三塁内野安打と三塁手の悪送球で2点を先取。さらに四球で再び満塁とし、横瀬の右前安打で1点を加えた。前橋育英の先発高橋光は、今大会45イニング目で初の自責点となった。

 前橋育英は直後の5回に反撃。先頭の田村の左越え本塁打でまず1点。さらに無死一、三塁から高橋知のスクイズで1点差とすると、2死一、二塁から小川が右前安打を放ち、同点に。7回には無死三塁から荒井の左翼線への安打で4―3と勝ち越すと、そのまま逃げ切った。

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧