朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月18日0時46分
このエントリーをはてなブックマークに追加

粘りの愛媛・済美、最後まで 10回の猛追及ばず

写真:花巻東―済美 8回裏済美無死一、三塁、宇佐川は中前適時打を放つ。捕手山下=越田省吾撮影拡大花巻東―済美 8回裏済美無死一、三塁、宇佐川は中前適時打を放つ。捕手山下=越田省吾撮影

写真:大きな声援を送る野球部員やチアリーダーたち=阪神甲子園球場拡大大きな声援を送る野球部員やチアリーダーたち=阪神甲子園球場

写真:熱のこもった演奏でスタンドを盛り上げる吹奏楽部員たち=阪神甲子園球場拡大熱のこもった演奏でスタンドを盛り上げる吹奏楽部員たち=阪神甲子園球場

写真:逆転勝利を願って懸命に応援する生徒たち=阪神甲子園球場拡大逆転勝利を願って懸命に応援する生徒たち=阪神甲子園球場

 済美は17日、花巻東(岩手)に延長10回の熱戦の末6―7で敗れた。県勢6年ぶりの8強入りはならなかったが、持ち前の粘り強さを見せた選手たちに、約4万6千人の観衆から惜しみない拍手が送られた。

愛媛代表のページはこちら

     ◇

 初戦と同じ追いかける展開になった。4回2死走者なし、光同寺慎君(3年)がチーム初安打で出塁。藤原弘気君(3年)が打席に立った。「何とかつなぎたい」。振り抜いた打球は三塁線を破り、二塁打となった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧