朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月17日0時43分
このエントリーをはてなブックマークに追加

彦根東、新聞部も全力投球 野球部活躍を取材 滋賀

写真:速報新聞「キマグレ」拡大速報新聞「キマグレ」

写真:開会式の日、スタンドの野球部員から話を聞く新聞部の森下俊秀君(左)=8日、阪神甲子園球場拡大開会式の日、スタンドの野球部員から話を聞く新聞部の森下俊秀君(左)=8日、阪神甲子園球場

 第95回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)で、初めての夏の甲子園に挑んだ彦根東。選手を追い続けた同校新聞部の生徒たちは、地方大会の快進撃から、憧れの舞台での全力プレーまでをつぶさに伝え、白球にかける選手たちの思いを学校新聞の紙面に刻んだ。

滋賀代表のページはこちら

 1、2年生26人の新聞部は、「高校新聞の甲子園」と呼ばれる全国高校新聞コンクールで最高賞などを受賞してきた実力を持つ。今月、長崎県であった全国高校総合文化祭でも6年連続の最優秀賞に輝いた。

 野球部の取材にも力を入れ、地方大会では初戦から全試合に駆けつけ、速報新聞「キマグレ」を発行。夏の甲子園出場を決めた7月29日には、決勝があった皇子山球場(大津市)と地元の彦根駅で号外を配り、喜びを伝えた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧