朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月15日0時33分
このエントリーをはてなブックマークに追加

第2戦へ高まる闘志 福井商監督「打って投手を援護」

写真:福井商の米丸友樹監督拡大福井商の米丸友樹監督

写真:聖光学院の斎藤智也監督拡大聖光学院の斎藤智也監督

 福井商は大会第8日の15日、第1試合で聖光学院(福島)と対戦する。聖光学院は1回戦で愛工大名電(愛知)と対戦し、4―3で逆転勝利している。福井商の米丸友樹監督(35)と聖光学院の斎藤智也監督(50)に、相手校の印象や意気込みを聞いた。

福井代表のページはこちら

 ――相手校の印象は。

 米丸 春の選抜も出場しており、場数を踏んでいる。2人いる左投手がどんな投手か気になる。

 斎藤 伝統を受け継いだ機動力の野球という感じ。堅実なバントもからめて、基本に忠実な攻撃をしてくる。

 ――相手校で注目する選手は。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧