朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月15日0時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫・西脇工、16日に木更津総合戦 意気込みは

写真:石見智翠館戦でピンチを切り抜け喜ぶ西脇工の翁田拡大石見智翠館戦でピンチを切り抜け喜ぶ西脇工の翁田

写真:上田西戦で力投する木更津総合の千葉拡大上田西戦で力投する木更津総合の千葉

 初めて挑んだ甲子園で11日に初勝利をあげた西脇工は、大会第9日第2試合(16日正午開始予定)の2回戦で、千葉代表の木更津総合と対戦する。両校とも初戦で逆転勝ちし、勢いがある。双方の投手や監督らに意気込みを聞いた。

兵庫代表のページはこちら

■西脇工 配球に注意し守り抜く

 西脇工のエース翁田勝基(おうた・まさき)投手(3年)は、石見智翠館(いわみちすいかん)(島根)との1回戦で7安打されながらも、要所を締めて1失点に抑えた。2回戦も「走者を背負っても全力で投げて、コースを突きたい」と抱負を語る。西沢諄捕手(同)は「立ち上がりが大事。翁田の腕をしっかり振らせたい。相手のエースは直球が良いと聞く。甘い球を逃さないようにしたい」。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧