朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月14日0時35分
このエントリーをはてなブックマークに追加

富山第一監督「1打席目からとらえる」 秋田商と対戦へ

写真:握手する富山第一の黒田学監督(左)と秋田商の太田直監督=阪神甲子園球場拡大握手する富山第一の黒田学監督(左)と秋田商の太田直監督=阪神甲子園球場

 富山第一は大会第7日の14日、第1試合で秋田商と対戦する。富山第一の黒田学監督と秋田商の太田直(すなお)監督にお互いの印象や意気込みなどを聞いた。(以下、敬称略)

富山代表のページはこちら

 ――チームの状態は

 黒田 県大会後は初めての経験ばかりで慌ただしく落ち着かなかったが、ここに来て良い状態になってきた。

 太田 状態は悪くない。秋田との気温差は激しいが、練習量を増やしながら調整してきた。

 ――お互いの印象は

 黒田 伝統があり粘り強い。堅実さも備わっていて試合の中で気持ちをぶらさない心の強さがある。

 太田 初出場だが昨秋から力を発揮している。好投手がいて、打線も力のあるチーム。その中でこちらがどれだけやれるか。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧