朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月11日0時33分
このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫・西脇工の木谷監督「競り合いに」 11日初戦控え

写真:対戦を控え、握手する西脇工の木谷忠弘監督(右)と石見智翠館の末光章朗監督=西宮市の阪神甲子園球場拡大対戦を控え、握手する西脇工の木谷忠弘監督(右)と石見智翠館の末光章朗監督=西宮市の阪神甲子園球場

写真:西脇工に託された他チームの千羽鶴=西脇市野村町拡大西脇工に託された他チームの千羽鶴=西脇市野村町

 第95回全国高校野球選手権記念大会に兵庫代表で出場する西脇工は、11日午後3時半から開始予定の1回戦で、島根代表の石見智翠館(いわみちすいかん)と対戦する。西脇工の木谷忠弘監督(40)と石見智翠館の末光章朗監督(43)に試合展望を聞いた。

兵庫代表のページはこちら

――相手校の印象は

 木谷 強力打線を全面に発揮して勝ってきた。スケールの大きい野球をするイメージがある。

 末光 兵庫という厳しい大会を勝ち上がった。サヨナラ勝ちが3試合あり、粘り強いチームだ。

――警戒したい選手は

 木谷 180センチ近い選手が並ぶ打線は全員気が抜けない。エースの田部(たなべ)稜太君は落ちる変化球を駆使して奪三振数が多い。対策を考えたい。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧