朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月10日0時37分
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良・桜井監督「いつも通りに臨む」 10日に初戦

写真:握手を交わす桜井の森島伸晃監督(右)と作新学院の小針崇宏監督=阪神甲子園球場拡大握手を交わす桜井の森島伸晃監督(右)と作新学院の小針崇宏監督=阪神甲子園球場

 第95回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)に初出場の奈良代表、桜井は大会第3日の第2試合(10日午前10時半開始予定)で、3年連続9回目の作新学院(栃木)と対戦する。初戦に向けての意気込みを桜井の森島伸晃監督と、作新学院の小針崇宏監督に聞いた。

奈良代表のページはこちら

     ◇

 ――相手の印象は

 小針 まだ詳しい戦力については分からないが、エースの左腕竹野が良く、守備がしっかりしている。つなぐ打線は似ていると思う。投打のバランスがいい。

 森島 3年連続9回目の甲子園出場校で、一昨年からは4強と8強にも入った。攻撃は足を生かしてガンガン打ってくるなど、色々な評判が耳に入っている。

 ――警戒する選手は

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧