朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月10日0時59分
このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取城北、ひるまず 終盤、打線光る 初戦突破あと一歩

写真:鳥取城北―熊本工 7回表鳥取城北2死一、二塁、福岩の左前適時打で二塁走者の鳥飼が生還。捕手本田=遠藤真梨撮影拡大鳥取城北―熊本工 7回表鳥取城北2死一、二塁、福岩の左前適時打で二塁走者の鳥飼が生還。捕手本田=遠藤真梨撮影

写真:鳥取城北―熊本工 7回表鳥取城北2死一、二塁、福岩は左前に適時打を放つ。投手山下=林敏行撮影拡大鳥取城北―熊本工 7回表鳥取城北2死一、二塁、福岩は左前に適時打を放つ。投手山下=林敏行撮影

写真:最後まで粘りを見せる選手たちに、スタンドの応援にも熱が入った=阪神甲子園球場拡大最後まで粘りを見せる選手たちに、スタンドの応援にも熱が入った=阪神甲子園球場

 2年連続出場の鳥取城北。序盤に先制されてもあきらめない。守りでリズムを作る。その狙い通り、中盤以降、追加点を許さずペースをつかむ。終盤、打線がつながり、勝利まであと一歩に迫った。2年連続の初戦突破はならなかったが、持ち味を存分に出しきった。

鳥取代表のページはこちら

■7回に3連続安打、あと1点及ばず

 7回に3連続安打で1点を奪い、追い上げムードの8回。1死走者無しで田中涼太君(2年)が左打席に立った。初球の直球を打つと打球は左中間へ。「三塁打にしたら先輩が絶対かえしてくれる」。迷わず二塁を蹴って三塁を陥れる好走塁を見せた。

 次打者の平山拓磨君(3年)も初球を捉えて、三塁線を破る三塁打。1点差に迫り、スタンドは最高潮の盛り上がりを見せた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧