朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月9日0時43分
このエントリーをはてなブックマークに追加

島根・石見智翠館、堂々行進 甲子園「独特の雰囲気」

写真:入場行進する石見智翠館の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、加藤諒撮影拡大入場行進する石見智翠館の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、加藤諒撮影

写真:第1試合を観戦する石見智翠館の選手たち=阪神甲子園球場拡大第1試合を観戦する石見智翠館の選手たち=阪神甲子園球場

 【小早川遥平】第95回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)が8日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、石見智翠館の選手18人が開会式で行進した。

島根代表のページはこちら

 プラカードを持って先導したのは、市立西宮高校の橋本恵奈さん(2年)。「みんな背が高くて強そう。主将の西田君とお話をしたので、どんなプレーをされるか楽しみ」。初戦の兵庫代表、西脇工との対戦でも、智翠館のアルプスから声援を送るつもりだ。

 前日のリハーサルでは、足並みがそろわない場面もあったが、最後尾を歩いた平岳大君(2年)は、「今日は列がそろっていた」。外野席から見守った村上航希君(1年)も、「どのチームにも負けないくらい堂々としていた」。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧