朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年7月11日18時22分
このエントリーをはてなブックマークに追加

〈こだわりあり:4〉富山 極意は「打球を殺す」

写真:バント練習をする安念佑翔君=高岡市古定塚の高岡龍谷拡大バント練習をする安念佑翔君=高岡市古定塚の高岡龍谷

■バント 高岡龍谷・安念佑翔君

 【竹田和博】バントの職人。高岡龍谷の監督、国永尚典が信頼を寄せる選手がいる。打線の「不動の2番」、安念(あんねん)佑翔(3年)だ。

 6月下旬の同校グラウンド。右打席でバットを構える安念に、部員から「いきまーす」とかけ声がかかる。バッティングマシンにボールがセットされると、バットを握る安念の手に力が入った。マシンを見つめタイミングを計る。「コーン」。勢いを失った打球が静かにライン際に転がった。

     ◇

 走者を進めるためにあえて自分を犠牲にするバント。安念は2番に座ることが多かった中学時代に技術の基本を培ってきた。

 その極意を「打球の勢いを殺すこと」と安念は言う。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム