朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年7月28日0時32分
このエントリーをはてなブックマークに追加

シード4校激突 28日準決勝 神奈川大会

写真:横浜・高浜祐仁選手(左)と東海大相模・遠藤裕也主将拡大横浜・高浜祐仁選手(左)と東海大相模・遠藤裕也主将

写真:平塚学園・熊谷拓也投手(左)と桐蔭学園・斉藤大将投手拡大平塚学園・熊谷拓也投手(左)と桐蔭学園・斉藤大将投手

 神奈川大会は28日、準決勝が横浜スタジアムで行われる。4強入りしたのは、ともに第1シードの桐蔭学園、東海大相模と、第2シードの平塚学園、第3シードの横浜。第1試合では、3年ぶり9度目の神奈川大会制覇を目指す東海大相模が、2年ぶり15度目の夏の甲子園を狙う横浜と対戦。第2試合では、14年ぶり7度目の優勝を目指す桐蔭学園と、15年ぶり2度目の甲子園を狙う平塚学園が戦う。決勝は29日午後1時からの予定。(杉山圭子、写真は菊池康全)

神奈川大会の試合結果はこちら

■東海大相模―横浜

 東海大相模は4強の中でも、選手層の厚さが際立つ。投手は7人を擁するが、3回戦で2年生佐藤雄が5回参考ながら無安打無得点。4回戦では1年生吉田が同じく5回を「完全試合」。エース仲宗根ら上級生の多くがいまだ「温存」された状態だ。

 打撃も好調で、1番を打つ主将の遠藤は3回戦で高校通算45号本塁打を放つなど、要所で役目を果たしている。同じく長打力のある小田桐、服部もここまで5割以上の打率を残している。

 貫禄勝ちを続ける第1シードの不安材料をあえて探すなら、今大会、他の4強がそれぞれに経験しているような苦戦を経ていないことか。好投が続く1、2年生投手や初登板を待つエースの真価は、1点を争う競り合いの場面で問われることになりそうだ。

     ◇

 横浜は昨夏の全国選手権8強の第1シード桐光学園を倒した準々決勝で、全国屈指の左腕松井に本塁打を浴びせた高浜、浅間の活躍は記憶に新しい。2人を含め主力の大半が2年生。初戦から苦しみながらも試合ごとに力をつけ、昨夏敗れた桐光への雪辱を果たして勢いに乗っている。

 1年時から4番を担ってきた高浜が一時期の不振を脱して復調したことで、打線に本来のつながりが戻った。渡辺、高井ら他の2年生たちも好調だ。

 同じく2年生の左腕エース伊藤は緩急をつけた投球がさえ、投げるたびに自信を深めている。ただ、初先発だった横浜隼人戦、桐光戦とも立ち上がりにはやや不安を残した。昨夏、4季連続の甲子園出場を逃した強豪復活のカギは、投手陣の出来が握っている。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

学校検索使い方

ここから広告です
広告終わり

都道府県ニュース

朝日新聞デジタル 高校野球フェイスブック公式ページ 朝日新聞西部本社 高校野球ツイッター
高校野球スマホ版

ピックアップ

夏の甲子園2013DVD販売決定
第95回全国高校野球選手権記念大会(夏の甲子園)の全48試合を1試合ごとにDVD化。昨年(第94回大会)の試合も販売中!
球場で流れる校歌を集めたCD販売
第95回全国高校野球選手権記念大会の出場校校歌を集めたCDが発売。球場で流れる音源を夏の思い出に!
目指せ甲子園博士!高校野球検定
夏の甲子園にまつわる知識を試す「高校野球検定」が今秋、初めて開催される。全国高校野球選手権大会が95回を迎える記念企画。
来夏の原画とキャッチフレーズ募集
第96回全国高校野球選手権大会(来夏)のポスターやテレビCMなどに使用する原画とキャッチフレーズを、高校生を対象に募集します。

「WEBRONZA」スポーツ

webronza沖縄高校野球、強さの秘密
我喜屋マジック。スタンダード化する興南スタイル

野球関連商品

朝日新聞社インフォメーション

リンク

携帯サービス

QRコード 朝日・日刊スポーツ
甲子園のリアルタイム速報は、携帯サービスでもお届けします。
QRコード 朝日日刊インサイト
球児たちの涙、勝敗の裏側に迫ります。
QRコード ニュースEX
甲子園のリアルタイム速報、スポーツやエンタメ情報も満載!