高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

第93回全国高校野球選手権大会

地方ニュース

完投「決勝も1人で」 野辺地西・小林大誠投手 青森大会

2011年7月25日14時6分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:5試合連続完投の野辺地西先発、小林大誠=青森市営拡大5試合連続完投の野辺地西先発、小林大誠=青森市営

 (24日、野辺地西11―8弘前学院聖愛) 4試合連続完投で野辺地西をベスト4に導いた背番号「2」の小林大誠(3年)が、この日は延長14回を211球で投げきった。

 背番号「1」の赤沼拓朗(同)が右ひじ故障のため、昨秋から本格的に投手として練習を始めた。「自分がこのチームのエース」という強い気持ちでマウンドに立っている。

 決勝を戦う光星学院とは6月の練習試合で9失点を喫した。「自分1人で投げ抜くつもりで頑張りたい」と熱く語った。

検索フォーム

このページのトップに戻る