高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

第93回全国高校野球選手権大会

地方ニュース

「雨よやめ」ずぶぬれ応援合戦 笠間市民球場 茨城大会

2011年7月20日10時12分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:「雨よやんで」と思いを込めて踊る下館一のチアリーダー=笠間市民拡大「雨よやんで」と思いを込めて踊る下館一のチアリーダー=笠間市民

 笠間市民は、第1試合に出場する両校のノックが終わったころに、グラウンドの半分ほどが水浸しになった。

 順延かどうかの判断が出るまでの間、一塁側の下館一応援席では、応援団とチアリーダーがずぶぬれになって応援を始めた。ブラスバンドは傘をさして演奏。今大会初めての雨が高揚感を招いたのか、団員たちの動きはダイナミックに。応援団長の田村元樹君(3年)は「雨よやめ、とだれからともなく始まったんです」。

 ほどなく、三塁側の土浦三の応援席からもブラスバンドの音が鳴り始め、応援団が動き始めた。順延が決まるまでの間、両校の間で雨中の「応援合戦」が繰り広げられた。(栗田有宏)

検索フォーム

このページのトップに戻る