高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

第93回全国高校野球選手権大会

東洋大姫路(兵庫)5年ぶり12回目
兵庫ニュース

完成から半世紀姫路球場改修へ 14年春完成予定 兵庫大会

2011年7月23日10時15分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:大幅に改修する姫路球場=姫路拡大大幅に改修する姫路球場=姫路

 姫路球場が完成してから52年。管理する姫路市は今冬から約2年間にわたり、内野スタンドの解体など大規模な改修をするため、昔ながらの姿での夏の大会は今年で最後となる。

 建設は1959(昭和34)年3月。コンクリート製の内野スタンドのあちこちにひびわれがあったり、記録室で雨漏りしたりと老朽化が目立っていた。

 改修工事では、内野席はベンチ式でなく個別の席になるほか、外野の芝生席の傾斜を緩くする。グラウンドの両翼を95メートルから100メートルに広げるなど、大幅にリニューアルする。

 完成は2014年春の予定だ。市内には他に高校野球の公式試合を開催できる規格の球場がなく、姫路ではそれまで夏の大会を開催しない。姫路の高校野球ファンにとって、少し寂しいふた夏になりそうだ。(宮沢賢一)

検索フォーム

このページのトップに戻る