ここから本文エリア

現在位置:高校野球>山梨大会> 記事

山梨大会ニュース

兄妹マネジャーが声援「仲間には感謝」 日川

2010年08月13日

 一塁側の日川のアルプス席では鈴木颯(はやて)君(2年)、遥さん(1年)の兄妹マネジャーが声援を送った。

スタンドから声援を送る鈴木颯君(右)、遥さんの兄妹マネジャー=阪神甲子園球場

 颯君は選手として野球部に入ったが、昨夏に腰のヘルニアを患って野球を続けるのが難しくなった。手術をして選手を続けるか悩んだが、昨秋に池谷公雄監督の薦めでマネジャーに。葛藤(かっとう)を乗り越え、打撃投手やノッカーにボールを渡す役などを積極的にこなして甲子園出場を支えた。

 試合前のノックで池谷監督にボールを渡す補助員として甲子園の土も踏んだ。「ここに連れてきてくれた仲間たちに、感謝です」

 遥さんも、小学校高学年のとき少年野球をしていたほどの野球好き。兄とともにマネジャーとしてチームを支えた。兄妹で甲子園に来られて「こんなうれしいことはない」と2人は喜んだ。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る