ここから本文エリア

現在位置:高校野球>山梨大会> 記事

山梨大会ニュース

「好機にあと一本が出なかった」日川・丸山博之主将

2010年08月13日

 日川・丸山博之主将 好機にあと一本が出ない苦しい試合だった。8回、自分が打てば勝ち越しという場面で気持ちが焦ってしまい、打てなくて悔しい。後輩たちにはこの悔しさを忘れず、来年につなげてほしい。森投手は頭脳的な投球で制球力もあり、変化球をうまく使われた。

   ◇

 日川・池谷公雄監督 本音を言えば8回に逆転したかった。こういう場面でこれまでは一本が出ていたが、気持ちがちょっと足りなかったのかな。守備はうまくいったが、打撃は早い回から打たないと全国では勝てない。相手投手の森君の気持ちが上回ったのだろう。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る