ここから本文エリア

現在位置:高校野球>山口大会> 記事

山口大会ニュース

「走攻守」強豪に学んだ夏 南陽工の戦いを振り返って

2010年08月11日

 第92回全国高校野球選手権大会の1回戦で、南陽工は昨夏優勝校の中京大中京(愛知)に逆転負けを喫した。「点数以上に力の差を感じた」(山崎康浩監督)。走攻守に洗練された強豪との一戦から、得難い財産を得たようだ。

写真試合に敗れ一礼してグラウンドを去る南陽工の選手たち=中里友紀撮影
写真坂本昌穂教育長(左端)からねぎらいの言葉を受ける南陽工の選手たち=JR徳山駅

 負けに不思議の負けなし。「惜敗」から一夜明け、山崎監督はかみしめるように言った。「ひ弱さが残っていた。表には出ない部分だけれど、与四球、犠打失敗……」

 エース岩本の抜けたフォークを同点三塁打され、悪送球が絡み逆転を許した。「ワンプレー」のミスが響いたように見えるが、山崎監督はそこに至るまでの連鎖を悔やむ。

 失点した7回は岩本が先頭打者に四球。直前に先制した流れを渡した。序盤の攻撃では2併殺。特に2回には先頭が出塁しながら犠打を失敗。中京とは対照的な拙攻が出て、好機を生かせなかった。

 岩本の投球については、指揮官は「満点」と評価。特に昨夏の優勝バッテリーの森本、磯村の3、4番を、内角直球主体に詰まらせ7打数無安打に封じた。2安打を放った主将の目代も含め「将来のある選手が結果を出してくれた」と語る。目代を中心とした内野の好守も、練習の成果を出せた部分だという。

 一方、犠打失敗には渋い顔だ。6、7人の野手が打者の至近距離に近づき、プレッシャーをかける独特の犠打練習をしてきた南陽工は、山口大会で19の犠打を試み、すべて成功させていた。「甲子園を想定して練習していなかった証拠」。新チームではさらに小技に磨きをかける方針だ。 抜け目のない走塁、投手の制球力、外野の好守など、随所に最高レベルの力を見せつけられた一戦。「あれが甲子園で勝てるチーム。でも歩みを止めなければ、絶対に自分たちにもできる」。県勢5連敗となった苦い夏。「全国」を知った財産が、南陽工の、県の底上げにつながることを期待したい。

    ◇

 南陽工の選手たちは10日夕、帰郷した。JR徳山駅で報告会があり、出迎えた父母や周南市、市教委関係者らから甲子園での健闘をたたえる拍手が送られた。

 報告会では島津幸男市長が「よくやってくれた。ありがとう」とねぎらい、元同校野球部監督の坂本昌穂教育長は「本当に立派な試合だった。卒業まで野球部員としてきちんとした高校生活を送り、卒業後は南陽工野球部OB、甲子園球児だったことを誇りに、たくましい人間に育ってもらいたい」と述べた。

 目代新主将は「県の代表として、自分たちの持っている力をすべて出し切ってきた。しかし、中京大中京には力が及ばなかった。応援ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。(箕田拓太)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る