ここから本文エリア

現在位置:高校野球>山形大会> 記事

山形大会ニュース

日大三の応援歌、チャンスに演奏 山形中央スタンド

2010年08月14日

 2回。山形中央が無死二、三塁の好機を迎えると、一塁側の同校のアルプス席で吹奏楽部の66人が豪快に「カモンマーチ」の演奏を始めた。

写真「カモンマーチ」を演奏する山形中央の吹奏楽部員ら=阪神甲子園球場

 選抜大会の1回戦で対戦して敗れた相手の準優勝校・日大三(東京)が使っていた応援歌。好機に演奏する曲だ。選手たちは「あんな曲で応援されたい」、吹奏楽部は「こういう曲を演奏したい」。あの悔しさを忘れず、応援の勢いで勝ち進んでほしい、と日大三に許可を得て使わせてもらった。

 先月末の吹奏楽コンクール県大会で県代表の一つに選ばれた吹奏楽部は、一糸乱れず見事な演奏を続けた。トロンボーンを吹いていた山口詩乃さん(1年)は「得点につながる場面で演奏をするので、特に力が入ります」と話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る