ここから本文エリア

西東京大会ニュース

重圧に負けず奮闘 早稲田実主将・土屋遼太捕手

2010年08月18日

 苦しいリードが続く。3回に本塁打や適時二塁打で先制された。捕手の土屋遼太(3年)はマウンドに走り、エースの鈴木健介(同)に「ゆっくり。これからだ」と声をかけ続けた。

写真7回裏、マウンドの鈴木(1)に声をかける早稲田実の捕手土屋=長島一浩撮影

 幼稚園で野球を始めてから、ずっと投手だった。だが早実に入った練習の初日、強肩を見込んだ和泉実監督に言われた。「キャッチャーをやってくれるか」

 驚いたが、鈴木や小野田俊介(3年)ら同学年の投手陣を見て、「選択肢はない」と思った。猛練習を始めた。ショートバウンドが取れず、全体練習後に投球マシンの球を受け続けた。手首は青あざだらけになった。和泉監督の教えはメモに取って覚えた。自主練習を終えると足立区の自宅まで帰る終電がなくなっていて、途中まで両親に迎えに来てもらったこともあった。

 1年の秋には正捕手になり、新チームでは主将という大役も加わった。母・順子さんは「本人には荷が重すぎるのでは」と心配したという。幼い頃は「泣き虫で引っ込み思案」で、順子さんの後ろに隠れているような子どもだったからだ。

 だが、土屋は口数は少なくても引っ張る主将だった。和泉監督がノックする近くで捕球し続けていると、監督の考えが分かるようになり、先回りして部員を注意するようになった。チームがだらけていると感じると「集中しろ」と怒鳴った。

 新チームになってすぐの秋の都大会、コールド負けを喫する。「早実はバッテリーが弱い」と言われた。鈴木や小野田は全国制覇した斎藤佑樹投手と比べられ、「早実の1番」の重みに苦しんでいた。そんな2人の球を受ける土屋は、主将としてマスコミから「全国制覇した先輩」についての質問を受け続けた。

 小野田は最後の夏に打者へ転向したが、西東京大会では好機に打てず、打率の高い下級生に注目が集まった。その小野田がこの日、三塁打を放った。打てない時期が続いた磯網将人(3年)も9回に代打で出場、二塁打を放った。

 試合後、土屋は仲間の奮起を「最高です。最後の最後に頼りになるのは3年生だと思った」と喜んだ。「下級生はこのままじゃ満足できないと思う。絶対甲子園に帰ってきてほしい」。少し涙目で、笑顔を見せた。=選手敬称略

(山本奈朱香)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る