ここから本文エリア

現在位置:高校野球>西東京大会> 記事

西東京大会ニュース

関東一「決め球、来い」 早稲田実「自信の球、だった」

2010年08月18日

(17日、関東一10―6早稲田実) 三振。苦もなくひねられた。関東一の山下が最も重要視している第1打席。早稲田実のエース鈴木の決め球はやはりチェンジアップだった。

写真早稲田実―関東一 3回裏関東一1死一塁、山下(左)に2点本塁打を浴びた鈴木=水野義則撮影
写真早稲田実―関東一 6回表早稲田実2死一塁、安田の邪飛を三塁手宮下が好捕=長島一浩撮影

 「直球狙い」。当初の筋書きはこうだった。しかし、2試合で本塁打を含む6安打と好調な1番打者に、頭脳派の右腕が簡単に直球を投じるわけはない。案の定、3球目の見せ球以外は変化球。

 べンチに戻った山下は頭を切りかえた。スピード、落ち方。頭に武器の軌道をたたき込んだ。3回の第2打席。一塁に白井を置いた場面。2球目にそのチェンジアップがきた。ほぼ真ん中、さらに、沈み切らない。引きつけた一打はライナー性の低い弾道で右翼フェンスを越えた。

 欲しかった先制点。しかも、決め球を痛打した本塁打が勇気を与えた。2番渋沢が速球を左前に放ち、続く伊藤は山下同様に落ち際をすくい中越えの二塁打。後半も鈴木の武器を狙い、攻略した。

 「あの球は一級品。それをよく粘って打った」と米沢監督は打撃陣をたたえた。決め球を見極め、6盗塁の揺さぶり。ゲームプラン通りの戦いで東京決戦を制した。

 2安打4打点の関東一・本間が、してやったりの表情を浮かべた。「わざと空振りしました」。5回2死一、二塁、3ボール1ストライクから高めの球を空振り。次のチェンジアップをとらえて三塁打とした。フルカウントにすれば決め球が来ると読んだそうで「与えたダメージは大きかったと思う」。

 早稲田実は1回から浮足立つ関東一の左腕白井を押せそうで押せなかった。

 先頭から連続四球で無死一、二塁。3番安田は「変化球を意識しすぎた」と内角の直球に詰まらされ、三直。一塁走者が飛び出し、併殺をくらった。その後も連続四球で満塁としたが無得点だった。

 「打線を分断された」と和泉監督。放った安打は相手を上回る14本。だが残塁は15に上った。西東京大会で打率5割6分、16打点、今大会も2試合で6安打4打点だった安田が6打数無安打に終わるなど、要所を締められた。土屋主将は白井のカーブを「一度、目線の上に消えるいい球だった」と称賛した。

 9回、最後の打者になった安田は2年生。「先輩と全員野球ができた。来年も来ます」と泣いた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る