ここから本文エリア

現在位置:高校野球>和歌山大会> 記事

和歌山大会ニュース

自慢の打線、振るわず誤算 初戦敗退の智弁和歌山

2010年08月10日

 第92回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の1回戦で敗退した智弁和歌山。6年連続出場で、昨夏の甲子園でベンチ入りしたメンバー7人を抱える実力校だったが、自慢の強力打線が振るわなかったのは誤算だった。一方で、好投した2人の投手はいずれも2年生。先発した捕手も2年生で、来年へ向けた好材料も見えた。

 対戦前に成田(千葉)のエース中川諒(3年)の投球をビデオで見た選手の多くは「いい投手だけどそれほどでもない。自分たちなら打てる」と思った。外角直球で勝負してくるとみた。

 ところが試合が始まってみると、中川の球は想像以上に伸びがあった。狙い球の直球を打っても球の勢いに押されて前に飛ばない。球速表示は140キロ前後だったが、ストライクゾーンをいっぱいに使う配球にも惑わされ、肝心なところでバットは空を切った。この中で、和歌山大会で不振だった4番山本定寛(同)がチームで唯一、2安打1打点と意地を見せたのが印象的だった。

 今年の智弁和歌山は、昨夏の甲子園で16強入りしたチームの主力の多くがそのまま3年生として残った。周囲からのプレッシャーが強かったのと同時に「自分たちは甲子園でやれる」という思いも強かった。今回の相手チームは甲子園では無名に近い。相手の実力を謙虚に見極めることができたかどうか疑問は残る。試合後半の攻撃でも、どんな形でも塁に出ようという粘りの姿勢が見えなかった。

 明るい材料もあった。先発した上野山奨真(2年)と継投した青木勇人(同)は2人合わせて被安打はわずかに4。上野山は序盤は制球に苦しんだが、走者を背負っても落ち着いていた。投手陣を引っ張った捕手の道端俊輔、安打を放った遊撃手の小笠原知弘と左翼手の中村恒星も2年生で、いずれも来年につながる経験を積んだ。

 県内に目を向けると、春の大会などでは智弁和歌山に圧倒されていたチームが、和歌山大会では善戦して見せた。「打倒智弁和歌山」を目標に投球方法などの研究を重ねた成果だ。智弁和歌山は新チームで打線の主力がごっそり入れ替わる。和歌山大会7連覇を目指す強豪校を破るチャンスは、どのチームにもある。(楢崎貴司)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る