ここから本文エリア

現在位置:高校野球>和歌山大会> 記事

和歌山大会ニュース

智弁和歌山、初戦敗退 自慢の打線つながらず14三振

2010年08月08日

(智弁和歌山1−2成田) 第92回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)が7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。6年連続出場の智弁和歌山の選手たちは堂々とグラウンドを行進。同日の第2試合で成田(千葉)と対戦した。4番山本定寛選手の適時打で1点を奪ったが、成田のエース中川諒投手に14三振を喫するなど自慢の打線がつながらず、1―2で惜敗。初戦突破はならなかった。

写真智弁和歌山―成田 6回表智弁和歌山2死二塁、山本定が中前に適時打を放つ。捕手近藤=飯塚晋一撮影
写真試合に敗れグラウンドを去る智弁和歌山の選手たち=中里友紀撮影

■相手の直球「予想以上に伸びていた」

 智弁和歌山は1回、1、2番が三振に倒れたあとに西川遥輝(はるき)(3年)が粘って四球を選んだ。すかさず俊足を飛ばして二盗。最初のチャンスをつかむ。だが、成田の先発中川諒(りょう)(同)の外角いっぱいの球に、4番山本定寛(さだひろ)(同)は見逃しの三振に倒れる。

 智弁和歌山の先発は上野山奨真(しょうま)(2年)。成田の先頭打者に3球目をレフト線に運ばれ、いきなりピンチ。制球が安定せず、「抑えようと思って力んでしまった」。それでも3番、5番を内野ゴロに打ち取り、2回も1死二、三塁のピンチを切り抜ける。3回からは直球が本来の伸びを取り戻し、制球も安定していく。4回には三塁手瀬戸佑典(ゆうすけ)(3年)がボテボテの難しいゴロをすくいあげてアウトにしてもり立てる。

 5回。智弁和歌山打線からようやく快音が響く。2死から8番小笠原知弘(2年)が右翼線に二塁打を放つ。だがあと一本が出ず、その裏、逆に先制される。

 高嶋仁監督は投手を青木勇人(同)にスイッチ。左前安打で1点を追加されたものの、後続をファウルフライに打ち取り、道端(みちばた)俊輔捕手(同)が相手の二盗を阻止する。青木は6回には正面を突いた送りバントの打球を素早く二塁に送り、ダブルプレーにする好判断も見せた。

 智弁和歌山の反撃は6回表。先頭の城山晃典(あきのり)(3年)が引っかけた打球はショートのエラーとなり、岩佐戸龍(りょう)(同)がすかさずバントで二塁に送る。2死になったあと打席には4番山本。外角低めのスライダーを逆らわず、バットを合わせるように出してセンター前にはじき返す。技ありの適時打だ。「前のハルキ(西川遥)が打ち取られていたので絶対打ちたかった」

 流れが次第に智弁和歌山に傾くなかで7回、先頭の7番中村恒星(こうせい)(2年)が高めの直球をセンター前へ。小笠原の絶妙のバント、そして青木の内野安打で1死一、三塁。和歌山大会でも試合を決めるヒットを打っている城山に、高嶋監督は「勝負にいけ」の指示。スライダーを引きつけて右方向に打つ――。だが、外側のボールに城山のバットは空を切る。

 智弁和歌山打線は成田のエース中川の緩急を付けてコーナーを突く配球、切れのあるスライダーに最後まで苦しめられた。山本は「直球が予想以上に伸びていた。自分が長打を打てなかったことが悔しい」と声を絞り出した。(楢崎貴司)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る