ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

満塁危機しのぎ、2点適時二塁打 砺波工・中山選手 富山

2010年07月28日

 先発でマウンドにあがった砺波工の中山翔也選手(3年)が投打に活躍した。6回、1点を勝ち越した後の2死二、三塁、外角の直球をとらえると、打球は左翼線を破る2点適時二塁打に。チームは2回の先制以降、前の回まで得点圏に走者を進めても後続が打ち取られていただけに、3番打者の役目を果たす殊勲の一打になった。

写真打球の行方を追う砺波工の中山翔選手=富山市民

 投手としては5回、同点に追いつかれ、なお1死満塁の場面で、4番打者の内角を突き空振り三振。続く5番打者の4球目。自らを襲う鋭いライナーにすかさず反応、顔の横にグラブを差し出すと白球がすっぽりと収まった。3アウト。ピンチを脱した。「自分でもびっくり」と中山選手。「あそこの危機をしのいだのが、今日の一番の勝因」と村井実監督もほめるプレーだった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る