ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

昨夏の雪辱かけ、スライダー攻略 富山第一 富山大会

2010年07月26日

 昨夏の準決勝で敗れた高岡商に、雪辱を果たした富山第一。勝因は、高岡商・鍋田浩成投手(3年)への徹底した対策だった。

 前日には、鍋田投手の持ち球である直球、スライダー、カーブを想定した打撃マシンを用意。3回戦に勝つと、すぐに学校に帰って打ち込み、この日朝も午前6時から練習して試合に臨んだ。

 さらに、決め球のスライダーには、黒田学監督が秘策を練った。昨秋の明治神宮大会で、東海大相模(神奈川)が5―2で高岡商を破った一戦をヒントに、打者は打席の一番前に立ち、ひざもとに落ちる前に打つことを意識した。

 作戦は奏功した。4回、尾島翔太選手(3年)が右中間への三塁打を放ち、ベンチに向かって「よっしゃー」。その後も連打と敵失などで、一気に4得点。高森貴大主将(3年)は「要所でいい技が出た」と喜んだ。=県営


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る