ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

信じた足の回復 期待の主砲痛恨 富山工・岡本選手

2010年07月26日

 5回2死。二塁走者がスタートを切る。それを見て、一塁にいた富山工の岡本一真選手(3年)は、思い切り地面を蹴って二塁に向かった。頭から滑る。しかし、捕手からの送球が一瞬早く、アウト。岡本選手は、なかなか立ち上がることができなかった。

写真3回、内野フライにたおれ残念がる富山工の岡本選手(中央)=城光寺

 チームの主砲として迎えた今大会。直前に左足の裏を痛めた。1回戦は7回に代打で出るまでベンチから見守った。2回戦から「指定席」に戻ると2打席目に二塁打。3回戦は三塁打を含む2安打3打点と上り調子だった。

 迎えた富山商戦。1回、好機に打席が回ってきた。外角の直球に狙いを定めていたが、投球は内角の厳しいコースへ。腰を引くようにして見逃し、三振。

 試合後、保護者らに囲まれ、選手たちの嗚咽(おえつ)だけが響いた。「足の状態……気にならなかった」。大きな声で選手たちを鼓舞し続けてきた岡本選手だったが、声を振り絞るのが精いっぱいだった。=城光寺


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る