ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

終盤突然の痛み、無念の3失点 富山東・広井投手 富山大会

2010年07月26日

 7回、先頭打者への4球目だった。富山東の広井大勢投手(3年)が、投球と同時にマウンドにうずくまった。「背中の右側の筋肉がぴりっとした」。右腕を回すと痛みが走り、思わず顔がゆがんだ。

写真背中を痛め、顔をゆがめる富山東の広井投手=城光寺

 投球を続けたが、球に勢いがない。帽子を取り、何度も汗をぬぐった。

 しかし、砺波工の打線が襲いかかる。連打を許し、3失点。この回、8人目の打者でなんとか3アウトを取った。

 8回からは後輩にマウンドを譲った。「大勢にもう一回、投げさせてやろうぜ」。チームは反撃に出たが、届かなかった。

 砺波工は、春の大会で0―5で負けた相手。組み合わせが決まった時からこの日に照準を合わせてきた。志鷹伸太朗捕手(3年)は春の対戦の録画を見直して対策を練り、広井投手自身は、前日の登板を回避して備えた。

 ベンチ裏、応急処置で背中を冷やした。後ろで、氷を持つ仲間がすすり泣く声がする。エースは、帽子を目深にかぶり直した。=城光寺


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る