ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

請われて復帰、奮迅努力 泊・佐渡選手 富山

2010年07月25日

 5回、サヨナラコールド。相手の強力打線を前に、泊の12人の戦いが終わった。左中間を抜ける最後の白球を見つめる守備陣の中に、佐渡賢(すぐる)捕手(3年)の姿があった。

写真内野陣に大声で指示をする佐渡賢捕手=県営

 1年の時、練習がきつくて野球部を離れ、卓球部に移った。野球部は昨年夏の時点で8人。どうしても1人足りない。「小学校から一緒にやってきた。野球が好きなことは知っている。誘えば戻ってくる」(川上翔輝選手・3年)。3年生たちが復帰を懇願した。

 佐渡捕手は、約1年ぶりにカムバックしたものの、練習になかなかついていけない。後輩との関係もぎくしゃくした。

 だが、新入生も入ったことで試合ができる喜びと、練習を通じた切磋琢磨(せっさたくま)の中で、少しずつ自分の居場所を取り戻していった。初戦の2回戦では、4打数2安打1打点と勝利に貢献した。

 迎えたこの日の富山東との戦い。2回まで相手打線を無安打無得点に抑え込んでいたが、3回無死二塁の場面で投球を後ろにそらす。これを足がかりに6点を奪われた。「犠打の構えで球が見えなかった」。それ以降は、走者を背負っても、ワンバウンドする変化球を必死になって体で止めた。

 3回戦突破は果たせなかったが、喜中忍監督は「チームの中でも言い合えるようになり、一員になってくれた。彼がいなければ1勝もできなかった」と、遅れてきた3年生捕手をねぎらった。=県営


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る