ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

勝利への執念、逆境のチーム鼓舞 滑川・安田選手

2010年07月20日

(高校野球 桜井6―5滑川 延長10回)

写真桜井―滑川 10回表桜井2死二塁、山本が内野安打を放ち、決勝点を挙げた。捕手村西=桃山
写真桜井―滑川 9回裏滑川2死二塁、安田が右中間を破る三塁打を放ち同点。捕手魚谷=桃山

 けがで仲間が相次いでベンチに運ばれても、滑川の安田晃大(あきひろ)選手(2年)は冷静だった。7回、4番の嵯峨辰生(たつき)選手(2年)が二塁打を打つも、二塁に駆け込んだ直後に足がつり交代。続く田村功次郎選手(3年)も犠打を決めた直後に足を負傷し退いた。 主軸の2人が体を張って作ったチャンス。「センター方向が空いている」。直球を狙い通りにはじき返すと、代走の藤田瑞樹選手(3年)が二塁から生還し、1点を勝ち越した。

 シード校相手に序盤はリードした滑川。5回の守備の途中でエースの中川真(しん)投手(3年)が足がつって退くと、チームに動揺が走る。負傷者はその後も続く。しかし、窮地で見せた2年生の執念が、チームを鼓舞した。

 圧巻は9回だ。土壇場の2死二塁から右中間を破る適時三塁打。「絶対に走者をかえすと決めていた」。三塁に滑り込むと、ベンチに向かって右手を突き上げた。

 毎年好チームで挑む滑川は、ここ数年は組み合わせに恵まれず、上位進出を逃すことが多かった。

 この日は序盤の少ないチャンスを得点につなげると、継投した林竜一郎投手(3年)が8奪三振の力投。終盤のピンチも集中力を保って大崩せずに乗り切るなど、「限界ぎりぎりのところで頑張った」(富樫信二監督)。森健主将(3年)も、「ベンチにいるメンバーも一つになって戦った」と振り返る。

 延長までもつれこんだ試合はあと1歩及ばず、今年も上位進出を果たせなかった。

 試合後、目を真っ赤にはらした中川投手が安田選手を抱き寄せ、「ありがとうな」と声をかけた。「先輩たちに恩返しをするためにも、来年は優勝して甲子園に行きたい」と安田選手。泣き崩れる3年生たちにそっと寄り添った。

 バスに向かう選手の背に、観客の女性から大きな声が飛んだ。「立派に戦ったんだから、泣くんじゃないよ!」。逆境でも最後まで勝利への執念を見せた球児たちに贈られた、最大級の賛辞だった。(井上潜)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る