ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

魚津工、男子生徒手製の激励横断幕 富山大会

2010年07月18日

 魚津桃山運動公園野球場の第2試合終了後、魚津工の選手たちを野太い声が迎えた。同校電気科の男子生徒約20人で、手製の横断幕を広げ、選手たちに「ナイスゲーム」と声をかけた。横断幕には「仕事人」や「救世主」など、生徒たちが選手ひとり一人に向けて考えた言葉が書かれていた。男子生徒が大半を占める同校ならではの熱い励ましに、涙をこらえていた吉野蓮主将(3年)も思わずニッコリ。「試合中もみんなの声が背中を押してくれた」と、照れくさそうにクラスメートたちと握手を交わしていた。=桃山


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る