ここから本文エリア

現在位置:高校野球>富山大会> 記事

富山大会ニュース

大門・高島投手、昨年の覇者に力出し切る 富山大会

2010年07月18日

 「昨年の甲子園出場校の意地を感じた。自分たちの力は出し切った」。大門のエース高島要投手(3年)は南砺福野戦を、さばさばとした表情で振り返った。

 相手打者の強振を落ち着いて変化球でかわし、5回まで最少失点に抑えた。追加点を許し6回2死2塁から中前安打を放たれ、走者が本塁に突っ込んだが、浦田洋介中堅手(2年)が好返球で阻止。「あれでチームの雰囲気がよくなり、何とか挽(ばん)回しようという気持ちになった」

 しかし7、8回に四球で得た好機でも、南砺福野の俵投手の鋭い内角直球と緩いスライダーを振らされ、流れを断ち切られた。「気持ちの上で中途半端だった気がする。後輩たちにチーム力向上を託したい」=砺波


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る