ここから本文エリア

南北海道ニュース

「勉強になった」母校で主将報告 北照

2010年08月12日

 南北海道代表の北照の選手らが11日、小樽市の母校に戻った。学校では原岡賢吉校長、教諭ら約40人が拍手で迎えた。

 原岡校長は「負けたのは残念だが、力いっぱい努力し、がんばったことは一生に残る経験になるだろう」とねぎらい、西田明央主将(3年)は「多くの人たちのおかげでいい勉強をさせてもらった。これからは1、2年生が力をつけられるよう、教えていきたい」と述べた。

ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る