ここから本文エリア

滋賀大会ニュース

選手に「覚悟の野球」浸透 北大津、甲子園で精神力光る

2010年08月19日

 第92回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)で、県勢として9年ぶりに2勝を挙げた北大津は、相手に傾きかけた流れを食い止める強靱(きょうじん)な精神力を強く印象付けた。「迷うな 躊躇(ためら)うな 一歩もひくな」。攻守とも常に攻めの姿勢で試合に臨む。日ごろの練習から宮崎裕也監督の説いてきた「覚悟の野球」が、全選手に浸透していた。

写真スタンドへのあいさつを終え、ベンチに戻る北大津の選手たち=遠藤啓生撮影

 守備では好守を連発した。昨秋の近畿大会1回戦で、9回2死からエラーが続き逆転サヨナラ負けを喫した。以来、1点もやれない場面を想定した守備練習を徹底して繰り返した。甲子園でその成果が出た。

 大野と村井の二遊間コンビは3回戦の成田戦で序盤に3併殺を決め、攻撃の芽を摘んだ。岡本も9番目の野手として活躍。成田戦では相手の犠打を3本防ぎ、いずれも一塁走者を二塁で封殺した。

 1、2回戦では打線が破壊力を見せつけた。2試合連続18安打、計36安打のうち半分の18本が長打というすさまじさ。3試合を通して、相手への流れを食い止める効果的な適時打が続いた。極め付きは成田戦だ。

 先制するも逆転され2点を追う8回、1点かえしなお無死一、二塁でヒット・エンド・ラン崩れの重盗失敗で二塁走者が三塁で刺殺された。打者も凡退し同点の好機を逸したかにみえたが、リスクを恐れず踏み込む北大津野球は失敗を引きずらない。続く北野がしぶとく左前に運び、一度は追いつく執念を見せた。

 3戦を通して岡本、村井の2年生の活躍が光った。岡本は上手、横手、下手と変幻自在に球を繰り出し、相手を翻弄(ほんろう)。テンポの良い投球は守備にリズムを生んだ。強肩の村井は好守を連発。打っては2試合連続で本塁打を放ち、「恐怖の9番打者」を強くアピールした。

 成田戦に敗れたその日、北大津のグラウンドでは秋の県大会に向け新チームが始動していた。岡本、村井ら2年生の甲子園メンバーも、春の甲子園出場に挑む新たな一歩を踏み出した。(浅野有美)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る