ここから本文エリア

現在位置:高校野球>滋賀大会> 記事

滋賀大会ニュース

「もっと甲子園で野球をしたかった」 北大津・大野主将

2010年08月18日

 北大津・大野晋平主将 成田の中川投手は直球も変化球も良かった。それでも、みんな、いつものスイングができていた。岡本もよく投げてくれたので、8回に逆転できなかったのが悔しい。やってきたことを全部出せた最高の試合だったけれど、もっと甲子園で野球をしたかった。

 北大津・宮崎裕也監督 成田は広角に打ち分けられる打線がすごかった。前半でもう少し点をとれていれば、勝てたかもしれない。守備は3併殺をとるなど堅かった。北大津らしい、強気の戦いができた点はよかった。甲子園まで来られたことを、3年生に感謝している。

 成田・金子裕大主将 犠打失敗や失策があって自分たちの野球ができていなかったが、犠打失敗の後は打ってつなぎ、失策の後はしっかり守れた。こういう試合をものにできたのは大きな収穫。成長していると思う。北大津は打力があり、粘り強くてしぶといチームだった。

 成田・尾島治信監督 序盤は走者を出しながら好機をつぶして流れをつかめなかったが、選手たちがあきらめずに戦ってくれた。中川も調子が上がらない中で要所を締めてくれ、1試合ごとに成長を感じている。北大津は守備も攻撃も洗練されていた。勝てたのは運がよかっただけ。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る