ここから本文エリア

現在位置:高校野球>北北海道大会> 記事

北北海道ニュース

「力出し切れた」応援に選手感謝 旭川実、地元に戻る

2010年08月11日

 甲子園に出場した旭川実の選手たちが10日夕、空路で地元に戻り、学校で教職員や父母らの出迎えを受けた。

 細坂一騎主将は「初戦で敗れたが、持てる力を出し切れた。これもみなさんの応援のお陰です」と、あいさつ。岡本大輔監督も「残念ながら敗れたが、精いっぱい力を発揮してくれた」と試合を振り返り、「1、2年生は先輩の足跡を踏みしめ甲子園を目指して欲しい」と、甲子園での飛躍を後輩たちに託した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る