ここから本文エリア

現在位置:高校野球>長野大会> 記事

長野大会ニュース

九州学院、先発全員安打で快勝 夏の甲子園第1日

2010年08月07日

(7日、九州学院14―1松本工) 九州学院が先発全員安打、全員得点で快勝。1回1死満塁から富高の左中間への走者一掃の二塁打で先制。2回以降も大振りはせず、各打者が広角に打ち分け、4回までに14安打で12点を挙げ、試合を決めた。松本工は6回、大熊の二ゴロの間に1点を返したが、遅すぎた。

写真九州学院―松本工 1回表九州学院1死満塁、富高は左中間に先制の3点適時二塁打を放つ。投手柿田、捕手大熊=飯塚晋一撮影

 ○坂井(九) 監督の次男。「『小さい頃から夢見てきたんだから、思い切ってやれ』と言われて。やってやろうと思った」

 ○萩原(九) 1年生ながら4番で2安打。「緊張はなかった。もっと打てた。次はしっかり足を地につけて打ちたい」

 ○溝脇(九) 1年生ながら、先制のきっかけとなるチーム初安打を含む3安打の活躍。「外野を抜くような打球も打ちたかった」

 ●松下(松) 途中出場の主将。一塁守備についた直後、痛烈なライナーを好捕。「もう点はやれない、その一心でした」

 ●佐野(松) 途中出場で安打を放ち、チームで唯一本塁を踏む。「11月に左打ちにしたばかり。負けて悔しいけど甲子園は最高だった」

 ●臼井(松) 長野大会直前に父親を亡くし、形見の免許証をポケットに入れて出場。「父に教わったバントも決められた。喜んでくれたと思う」


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る