ここから本文エリア

現在位置:高校野球>宮城大会> 記事

宮城大会ニュース

速球ぴたり、一発 仙台育英・三瓶選手

2010年08月18日

(17日、興南4―1仙台育英) 仙台育英の三瓶が島袋に一矢報いる本塁打を放った。2回、直球を4球続けられ追い込まれたが、「タイミングが合ってきた」。5球目。140キロを超す速球をバックスクリーン右に運んだ。2回戦は右肩痛で欠場。「みんな僕のために勝ち進んでくれた。感謝の気持ちを表せた」

  ◇

 ●佐々木監督(仙) 「島袋、興南という名前を意識して、予想以上に相手を上にしてしまったのかな、と。運が相手にいってしまった」

 ●井上(仙) 主将。「これぞ高校野球という経験をたくさんできた。流れとか運を、どうやってつかむか。後輩たちは感じてくれた」


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る