ここから本文エリア

現在位置:高校野球>宮城大会> 記事

宮城大会ニュース

堂々仙台育英、踏ん張った 木村投手

2010年08月18日

(17日、興南4―1仙台育英) 興南打線の勢いを完全に止めた。仙台育英のエース木村は、4回途中から救援して1安打無失点。「歓声や応援が聞こえて、甲子園に立ってることが楽しかった」

写真4回裏、2者連続三振に打ち取りガッツポーズをする仙台育英の木村=竹花徹朗撮影

 これまで2試合は先発し、計12失点の乱調。田中の救援をあおいだ。「どうしたら打たれないかな……」とこぼした。「木村の弱気な姿を見るのは初めてだった」と捕手の嵯峨。練習で投げ込んでも、直球にいつものキレがない。先発は田中に譲った。

 でも、信頼を置く捕手から「打たれる時は打たれる。気持ちを強く持て。木村のおかげでここまでこられた」と言葉をかけられ、ふっきれた。「相手は興南。まっすぐとスライダーだけじゃ通用しない」。直球を効果的に見せるためにスローカーブを多投した。4回1死一、二塁を連続三振で切り抜ける。今度は本調子でなかった田中を救い、その後は三塁を踏ませず、試合を作った。

 1年生だった2年前の夏は、3回戦で横浜に逆転負け。「2年前の借りは返せた。甲子園で笑えたから、本物です」。涙はなかった。(野田枝里子)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る