ここから本文エリア

三重大会ニュース

いなべ総合、市長に甲子園の報告 「大応援団に感謝」

2010年08月20日

 第92回全国高校野球選手権大会に初出場したいなべ総合の野球部が19日、いなべ市役所で、日沖靖市長に大会の結果報告をした。

 同校は1回戦で福井商に敗れたが、出口博章主将が「大応援団の中で野球ができたのはみなさんの協力のおかげだと感謝しています」と述べると、日沖市長は「お疲れ様でした」とねぎらった。

 尾崎英也監督は「次回出場では必ずもっといい結果を出していきたいと決意を新たにしています」と述べた。

 棚橋由紀子校長によると、大会出場にあたり、同校には地元企業や卒業生、一般市民から約5千件の協賛金が集まり、生徒らの応援バス15台の費用に充てることができたという。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る