ここから本文エリア

現在位置:高校野球>香川大会> 記事

香川大会ニュース

八戸工大一、機動力で英明に競り勝つ 夏の甲子園第1日

2010年08月07日

(7日、八戸工大一8―4英明) 足を生かした八戸工大一が競り勝った。同点の8回1死満塁、中村の右中間三塁打で勝ち越し、豊川のスクイズで突き放した。先制点につながる2盗塁など3安打を放った小笠原の機動力が光った。英明は6回に4点差を追いついたが逆転に至らず、流れを引き寄せきれなかった。

写真英明―八戸工大一 8回裏八戸工大一1死満塁、中村は右中間に勝ち越しの三塁打を放つ=長島一浩撮影

ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る