ここから本文エリア

現在位置:高校野球>石川大会> 記事

石川大会ニュース

1球の怖さ、学んだ遊学館 遊学館エース・土倉

2010年08月15日

 (14日、関東一11―4遊学館) 持ち球は全部打たれた。スライダーもカーブもツーシームも。低めに制球しても痛打される。遊学館のエース土倉は、自分の投球を取り戻せないまま、3回途中、7失点でマウンドを降りた。

写真1回表、関東一に3連打で3点を許した遊学館先発の土倉(中央)=遠藤啓生撮影

 左翼の守備に回って、やっと冷静になれた。「ボール球をうまく使えなかった。攻め急いでしまったな」

 初戦で一関学院を3安打完封。「今日はもっと調子がいい」。自信を持って上がったマウンドだった。

 悔いが残ったのは、最初の1球だ。1回、先頭の山下に不用意な高めの直球をライナーで中前にはじき返され、相手を勢いづかせてしまった。

 「甲子園は怖い。でも1球で試合の流れが決まってしまうことを学んだ」。2年生右腕は、大きな宿題を持ち帰った。

   ◇  ◇

 ■左腕金井が粘投、5回以降無失点

 遊学館の左腕金井が、先発土倉が2本目の本塁打を打たれた3回途中から救援。低めに球を集め、後続を三者凡退に抑えた。しかし4回、5連打を浴び4失点。5回以降は無失点の力投を見せただけに悔やまれる乱調。金井は「自分なりに厳しいコースを突いたが、相手が上だった」。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る