ここから本文エリア

現在位置:高校野球>石川大会> 記事

石川大会ニュース

「県代表として堂々と戦えた」帰校の遊学館選手に拍手

2010年08月16日

 遊学館の選手たちは15日午後、金沢市の同高校に戻った。特別教育活動棟前で開かれた報告会には、甲子園での応援から一足先に戻った野球部員や保護者ら約60人が駆けつけ、健闘をたたえた。

写真甲子園での戦いについて報告する山岸主将=金沢市幸町

 山本雅弘監督は「声援に応えることができなかったが、みんな一生懸命頑張ってきた」。山岸裕介主将は「結果は2回戦で負けてしまったが、石川県の代表として堂々と戦ってくることができた。応援ありがとうございました」とあいさつした。

 迎えた向孝志校長は「結果についてはそれぞれ思いがあると思うが、甲子園で多くのことを学んだと思う。3年生はここまで本当にがんばってくれた。みなさんのがんばりは後輩に受け継がれると信じています」とねぎらった。

 野球部員らも入居する寮で働いている女性(65)は「甲子園につれていってくれてありがとう」と選手たちに拍手を送っていた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る