ここから本文エリア

現在位置:高校野球>茨城大会> 記事

茨城大会ニュース

選手ら学校に到着 在校生ら出迎え 水城

2010年08月13日

 甲子園での熱戦から一夜明けた12日、水城の選手たちは水戸市への帰路につき、午後5時半ごろ同市白梅2丁目の同校に到着した。保護者や在校生ら約40人が出迎えた。

 選手らは午前11時に大阪市内の宿舎を出発。帰省ラッシュで混雑する新幹線で東京まで移動し、バスに乗り換えて同校に戻った。バスを降りた選手たちは、リラックスした表情で仲間らと記念写真におさまっていた。

 橋本実監督は、「甲子園ではいろんな課題もあったが、いい思いもたくさんあった」と述べ、「この経験を今後に生かしてほしい」と3年生をねぎらった。

 浅野恵太主将の母・みどりさん(43)は「主将として後輩に引き継ぐまでが仕事。でも、今日はお疲れさまと言いたい」と話した。

 2日間休養した後の15日には、国学院栃木との練習試合が予定されており、新チームは来夏へのスタートを切る。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る