ここから本文エリア

現在位置:高校野球>広島大会> 記事

広島大会ニュース

あいつは直球、俺は変化球 自分見つけた夏〈はま風〉

2010年08月13日

(高校野球 聖光学院1―0広陵 広陵の上野健太投手) とっておきの変化球がある。チームメートになら教えてもいいが「有原でも絶対に投げられない」。2回裏からブルペンに入り、何球も投げ込んだ。いまをときめくプロ野球選手の直伝だ。

写真広陵・上野健太投手

 広島・三和中3年の夏、大阪桐蔭の3年生だった中田翔(現日本ハム)とキャッチボールする機会があった。183センチ、95キロの体格以上に驚いたのが、スライダーのキレ。捕れなかった。ちょうどスライダーの曲がりが鈍くて悩んでいた。「教えて下さい」。勇気を出して聞いた。

 変化球にこだわったのは、中学の同級生に同じ右腕の有原がいたから。キャッチボールをしたら、球がけた違いに速かった。当時は所属チームが違ったが、聞けば志望校が一緒。「直球では勝負にならない」。覚悟を決めた。

 中田に教わったスライダーをはじめカーブなど5種類の変化球を操るようになった。入学当初の実力は「下から数えた方が早かった」と自認する右腕が2年の秋にはメンバー入り。今春の選抜大会は背番号10でマウンドに立ち、4強に進出した。夏の広島大会も3試合の先発を任された。

 最後の夏。決め球は披露できなかった。「有原を信じていたので、悔いはない」。かつてエースに抱いたライバル心は、感謝の気持ちに変わった。「あいつのおかげで自分の生きる道を見つけられたから」。満足の夏。土は、持ち帰らなかった。(清水寿之)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る