ここから本文エリア

群馬大会ニュース

直球の読み的中、試合決める一本 前橋育英・牛崎君

2010年10月04日

 1死走者なしの6回裏、前橋育英の四番牛崎洸太君(2年)は長打を狙って打席に入った。高崎商の金井和衛君(2年)に「今日こそ借りを返す」気持ちだった。金井君とは、今夏の大会前にも練習試合で対戦、変化球で外野への飛球に打ち取られていた。

 この試合ではここまで、1点先行するたびに追いつかれる展開が2度続いていた。今度こそ自分の一打で流れをつかみたかった。

 試合前の分析で、今大会の金井君は直球でストライクを狙いにくる傾向があることに気づいた。2球目、待ち受けていた内角高めの直球を全力で振り抜いた。打球は長い滞空時間のあと、低い弾道のまま外野席に飛び込み、決勝点となった。

 「試合を決める一本を打てて良かった」。1年生の秋から四番打者を任されてきた。関東大会でも、自分のバットで勝利を呼び込むつもりだ。

ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る