ここから本文エリア

現在位置:高校野球>群馬大会> 記事

群馬大会ニュース

〈はま風〉四つ葉がくれた幸運 前橋商・柳岡健斗君

2010年08月15日

 四つ葉のクローバーが3年ぶりの甲子園に導いてくれた。群馬大会で、それまで不調だったノリ(沢浦)にあげたら、決勝で逆転2ランを打った。すごい効果だった。

写真前橋商・柳岡健斗くん

 学校のサブグラウンドで見つけて準決勝の日にノリにあげた。いつもは占いとか信じないけど、あいつの不調を見かねて神頼みしたい気分で。生まれて初めて四つ葉を探したら見つかったんだ。

 入部して最初に会ったときの印象は「でけぇヤツ」。野球もうまいし、しゃべってみたら面白いし、すぐ仲良くなった。練習でもコンビを組んだ。学校ではテレビの話とか恋の話とかして、いつもふざけてる。春はベンチ入りできたけど、夏はメンバーから外れた。悔しかったけど、いまは素直にノリを応援できる。

 今日は、やけにチャンスでノリに回ってくる。緊張してないって言ってたけど、焦ってるだろうな。落ち着け。ノリなら打てる。あ、打った。同点。やっぱ、すごい。

 ノリのお母さんに聞いたら、あのクローバー、ユニホームのポケットに入れたまま洗濯しちゃったらしい。でも、ちぎれたり、枯れたりせず、そのまま残ってたって。神様がいるのかもって思った。なのに、今回は群馬に置いてきたんだって。

 負けたのは、クローバーのせいじゃない。だって自分たちの力で勝ってきたんだから。でも、やっぱり、また四つ葉を見つけたら、お守りにするかな。(野田枝里子)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る