ここから本文エリア

福島大会ニュース

〈福島・収穫の夏(中)〉「個」を捨てて得たチーム力

2010年08月25日

 「打者走者は見えていなかったが、絶対に走っていると思った。山口がいると思ったから投げられた」

写真履正社戦の8回。投ゴロで飛び出した二塁走者を追いかけてタッチアウトにした遊撃手村島。振り向きざまに二塁へ送球。打者走者もアウトにし、併殺を完成。息のあった連係プレーが光った=金川雄策撮影
図村島の甲子園での記録

 主将の村島大輔がチームに植え付けた「信頼」が目に見えるシーンが甲子園の3回戦であった。8回、履正社(大阪)1死二塁。投ゴロを捕った歳内宏明が飛び出した二塁走者を見て村島へ送球。三塁方向に走者を追いかけタッチした村島は、振り向きざまに二塁へ球を投げた。そこには二塁手の山口宏希がいた。

 視線で確認する前に状況分析して打者走者もアウトにし、併殺を完成。ピンチを一瞬で振り払った連係プレーだった。その裏、聖光学院は斎藤英哉の2点本塁打などで3点を挙げ、勝負を決める。村島を軸にした好守が2年ぶりの8強を呼び込んだ。

 打撃は勝った広陵戦、履正社戦とも無安打。それでも、「今年の中心は村島」という首脳陣の評価は変わらない。副主将の斎藤に言わせると、「村島は自分を犠牲にする心が強く、チームが負けないためにどうすればいいか、最優先に考え続けてきた」。

 だが、そんな村島が主将を外されたことがある。昨年の秋季東北地区大会の2回戦で専大北上(岩手)に逆転負けした後の今年1月だった。冬、再起をかけてチームの底上げを図ろうとするなかで課題にあがったのが、部員の村島への依存心の強さだった。

 斎藤智也監督がいう。「全員が村島に頼り切っていた。このままでは甲子園どころか、福島大会も危ないと思った」。約1カ月半、三瓶央貴を主将にして一人一人がもう一度チームのために何ができるか、を真剣に考えさせた。

 荒療治の成果は村島が主将に戻った春に出た。ミーティングで控え選手から意見が出たり、準備運動やグラウンド整備、遠征先でもチーム優先が徹底された。春季東北地区大会決勝で仙台育英(宮城)を6―3で破り、初優勝。夏の福島大会は4連覇を達成した。光南に完封勝ちし、歓喜にわく選手たちからそっと離れた村島が涙を流していたのは、「ようやくみんなを甲子園につれてゆける」との安堵(あんど)感からだったのだろう。

 昨年の主戦・横山貴明のような全国的に注目を集める選手はいない。だが、自分の役割を果たそうとする気持ちをすべての選手に持たせることは出来た。ヒーローは日替わりで生まれた。

 「まとめる難しさはあったが、周りが支えてくれたから、自分も成長できた。この経験は一生の宝」と村島。ベンチ内外にチームのことを考える信頼関係を成就させたことが、聖光学院を全国で勝てるチームに押し上げた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る