ここから本文エリア

福島大会ニュース

〈福島・収穫の夏(上)〉エースへ駆け上がった2年生

2010年08月25日

 打球を追う歳内宏明の顔がゆがんだ。準々決勝の興南(沖縄)戦。3―3で迎えた4回。高めの135キロの速球を、興南の慶田城開(けだしろ・かい)に強振された。右中間を抜く勝ち越しの2点適時三塁打。試合の流れは決まった。

写真1完封を含む2完投勝利。甲子園の3試合すべてに先発した歳内=水野義則撮影
表歳内の甲子園での投球内容

 「悔しい思いもあるが、自分が『通用する世界』と『しない世界』が見えた」。10安打され、4回途中で降板。2年生のエースはこの夏、可能性と現実を実感した。

 「通用する世界」とは、勝利を飾った2試合。初戦の広陵(広島)戦は優勝候補と言われていた強豪に対し、高めの直球を見せ球に最後は低めへスプリットを落とす配球で完封。「自信を持っていいのかな」と、春先に身につけた変化球が全国の強力打線に通用することを確信した。

 3回戦は気持ちの成長を証明した。以前は走者を気にしすぎて制球を乱し、球威が落ちた。それが履正社戦の7回は先頭打者に中前安打されたが、次打者の投前バントを素早くさばき、二塁へ送球。併殺に仕留めた。切り札を手に入れた自信が苦手のクイックモーションの練習にも相乗効果を示した。斎藤智也監督は「落ち着いて対応できるようになった」と目を細める。

 福島大会は背番号「18」だった。股関節を痛めた主戦の芳賀智哉(2年)に代わり、夏の福島大会は6試合すべてに登板した。決勝を含む2試合で完封。新球のスプリットが生きて、福島大会初の4連覇の原動力に。そして甲子園で8強進出を演出した。

 だが、急成長のエースにも「通用しない世界」は手厳しかった。興南戦は3回まで毎回、先頭打者が安打。選球眼がよく、ボールになるスプリットには手を出さない。カウントを整える高めは球種に関係なく痛打された。初戦で割れたつめが再び割れた。疲れもあったが、気持ちは負けていないつもりだった。「全員が初球から振ってくる。甘い球を見逃さない」

 相手の主戦・島袋洋奨には個人的に力の差を見せつけられたという。直球中心の配球で先制を許した島袋は、中盤からは変化球主体に切り替えた。相手に合わせた多彩な投球、連投をものともしない体力はさすがだった。

 福島に戻った歳内は甲子園での3試合をこう総括した。「やれることはやりきれた。スプリットも低めに決まれば、興南にも打たれなかった。あとは制球力。配球も、もっと島袋さんのように、速球とスプリット以外の球で勝負できるようになりたい」

 全国の強豪たちの印象を目に焼き付けた。さらに一つ高い壁が待つ来夏へ。今夏の経験はすべてが糧となる。

     ◇

 第92回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)で2年ぶりに8強入りした聖光学院。悲願の全国制覇の手応えをつかんだ大会の収穫を報告する。(古庄暢が担当します)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る