ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛媛大会> 記事

愛媛大会ニュース

宇和島東、得意の集中打見せられず 好守で観客沸かす

2010年08月10日

 第92回全国高校野球選手権大会第2日の8日、宇和島東は群馬代表の前橋商に0―3で敗れた。打線が相手投手の前に3安打に抑え込まれ、得意の終盤の集中打を見せることが出来なかった。ただ、好プレーを何度も見せるなど健闘した選手たちに、アルプス席からは「ありがとう」「ようやった」と惜しみない拍手が送られた。

写真宇和島東―前橋商 8回裏前橋商無死、後藤の飛球を左翼手浅野が好捕=竹花徹朗撮影

 グラウンドに迫ってくるような観客席。地鳴りのような歓声。ずっとあこがれてきた甲子園のマウンドは、愛媛大会とは勝手が違った。

 初回、山本喬之君が投げ込んだ得意のスライダーが打ち込まれる。「思った球がいかない」

 主将の中村優太君や副主将の清水恭平君ら内野陣が集まり、山本君に声をかける。「お前の球なら打たれんけん自信持っていけ」。3連打を浴び、2点を先制されるが、その後は、2連続三振で後続を断つ。

 2回以降は、配球に直球をうまく織り交ぜ相手を寄せ付けない。4回には3者連続三振。「みんなが守ってもり立ててくれたから、思い切って投げることが出来た」

 6回には、三塁手の寺尾桂汰君が「無我夢中に捕った」と相手の4番の強烈な三塁線の打球をダイビングキャッチ。3点を追う8回には、先頭打者の長打性の当たりに左翼手の浅野真矢君が飛びついて好捕。再三にわたってピンチをしのいだ。

 愛媛大会ではここぞというときの集中打で勝ち上がってきた宇和島東。だが、自慢の「牛鬼打線」が機能しない。前橋商の投手野口亮太君の牽制(けんせい)で2度にわたり好機を逸してしまう。土居浩二監督は「野口君の球のキレ、コントロール、牽制すべてが予想以上によかった」。

 それでも、ベンチは逆転を信じていた。守備から戻ると、「絶対逆転できるぞ」と声が上がる。4番の竹本光毅君も「自分たちの打線がつながったらすぐに逆転できる。最後には絶対自分たちが勝つと思っていた」。

 3点を追う9回表、2死走者無し。清水君が打席に向かう。「あきらめるな」。ベンチからの声が聞こえる。

 愛媛大会が始まる前、土居監督は清水君について、「もし甲子園に行けたら清水がMVP」と話していた。冬場、レギュラー陣と控え選手との間に溝が出来、練習中に、言い合いやつかみ合いになるほどチームはバラバラだった。

 春の県大会は初戦で敗退。その日の晩のミーティング。「思ってることをぶつけ合おう。そして、1カ月たって変われなかったら3年は引退して夏は下級生に譲ろう」。清水君の言葉にチームは結束、夏の大会ではノーシードから甲子園の切符をつかんだ。

 初球を見逃して2球目、「積極的に打って、次の三浦にまわしてやる」と振り抜いた打球はショートの前に転がる。一塁に頭から滑り込むもゲームセット。

 赤く目を腫らした清水君は「あこがれていた夢の舞台にみんなと立てて幸せだった」。土居監督は「清水がうまく中村をサポートしてくれた。3年生を中心にまとまってくれた」とねぎらった。(松山尚幹)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る