ここから本文エリア

現在位置:高校野球>千葉大会> 記事

千葉大会ニュース

暁星国際・高畑選手「来年注目されたい」 千葉大会

2010年07月14日

 暁星国際の一塁手、高畑裕太(2年)。母親は、女優の高畑淳子さんだ。

写真暁星国際の高畑をねぎらう女優で母親の高畑淳子さん(左)

 4回裏。詰まった飛球を捕球しようとした際、近づいてきた二塁手と呼吸が合わず、打球を捕り損ねた。結果的にヒットになったが、「周りを見なかった。『自分は何をしているのかな』と思った」と高畑。

 打撃も4打数無安打に終わり、チームも負けた。スタンドで見守った母は「本人が悔しいだろうし、自分が悪いと思っているのでは。私も本番は緊張してしまう。同じDNAなのかな」。

 この日も多くのカメラが高畑親子の姿を追ったが、高畑は「『高畑淳子の息子』じゃなく、『高校野球の高畑裕太』として注目されたい」。悔しさを胸に、来年の夏での飛躍を誓った。=袖ケ浦


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る